RSS | ATOM | SEARCH
アナンシの血脈
随分おひさしぶりの投稿になってしまいましたが、久しぶりにちょっと楽しい作品に出会えたのでご紹介です。
「アナンシの血脈」ニール ゲイマン 作で、角川書店の上下巻。結構楽しく軽く読めます。が、なにより皆さんにお薦めする理由は、作者がまぎれもない「モンティパイソン」ファンだから。なにせ下巻59ページの最後には、ヒッチコックばり(?)の鳥たちの強襲シーンが描かれているのですが、その描写には「・・・鳥たちは、モンティパイソンの映画に出てくるキラーラビットのようなルビー色の目をして・・・」とあるではありませんか!
そう! 「ホーリーグレイル」の「恐怖の人食いウサギ」なのですから!!
(ちなみにイギリスの幻想文学大賞受賞作だそうです。)モンティほどの切れはありませんが、モンティ映画のオマージュだと思って読むと、もっともっと楽しめて納得しちゃいますよ。

おっと、肝心の中身の紹介がまだでしたね。まあ、これだけで充分かもしれませんがポイントをいくつか。

主人公のファット・チャーリーは世にもツイていない青年ですが、その父親の葬儀の日、近所のオバサンから「お父さんは神様だった」と告げられます。アフリカのクモの神様アナンシの末裔で、神様なのでなんでも喋ったとおりになるという「言霊」が使えたのです。たとえば、お父さんがファットと言ったとたんこの不幸な息子はだれからもファット・チャーリーと呼ばれるようになってしまいました・・・。もちろん他にも奇跡を呼ぶ能力を持っていて、生計はお金がなくなると宝くじを買って、賞金を貰う生活だったようです。
そして、近所のオバサンには、彼に双子の全然似てない兄弟がいたことも教えられます。
どうやったら会えるのか? と聞くと「クモに頼んだら伝えてくれるわよ」と。そしてある日、助けたクモを放すとき、ほんの悪戯心で頼んだら・・・。お父さん譲りのチカラを持った兄弟の出現で巻き起こる大騒動!

主演はグレアム・チャップマン。お兄さんはマイケル・ペリン、お父さんはエリック・アイドル(もちろん近所のオバサン、フィアンセのお母さん役等で多数出演予定)、悪い上司役はジョン・グリースかな?
ご一読の向きはぜひ、キャスティングのご意見をお願いします。
author:南田操, category:映画/本/漫画語り, 23:38
comments(0), -
たこまん
しばらく投稿もしませんでしたが、年末年始は何年ぶりかでゆっくりと過ごせました。
例年通りの静岡への帰省でしたが、東名に乗るのにこれまで環七経由で行っていたのを、開通した環八を使ってみてびっくり、とても快適でした。かつてのイメージとは大違いで、隔世の感一入でした。
これまた恒例となりつつある、足柄SAでの朝食のあと、御殿場アウトレットへ開店前に到着。だんだん娘たちにも欲しいブランドが出てきてお父さんは戦々恐々(といってもまだアディダスとか、ニューヨーカーなので許容範囲内)。僕の方も、昨年みつけて結構気に入ったスコッチグレインの店で革底靴の手頃なのを今年もゲット。品揃えはそこそこあるブルックスブラーザースは横目でみて、2月のポ−ル・スチュアートのバーゲンを密かに待つのでありました。

今年の年越しは、掛川のつま恋ヤマハリゾート。一豊と千代ではないけど、掛川城も一回見てみようかと。
つま恋は、温泉はいただけませんでしたが、設備もいいし、なにより食事がこの手の会員制リゾートとしてはリーズナブルに高水準。大人気のバイキングも娘曰く「贅沢バイキング」で、カニやステーキ、手巻き寿司も食べ放題。僕自身はバイキングは面倒でできれば避けたい方。つま恋の良さは、レストランが和洋とも高水準だったことです。年末にもかかわらず貸切状態に近く、サーブのキャパを意識していたかもしれません。
今回の本当の目的は、つま恋の乗馬倶楽部。ここ2,3年、我が家(除く僕)ではちょっとした乗馬ブーム。行ってみて驚いたのは、本格的な競技場まである設備。オリンピックの強化センターに指定されているそうです。屋内馬場もあり、クリスマスプレゼント代わりの乗馬を楽しんでいました。

掛川でみつけた面白いモノに「たこまん」があります。遠州(静岡県の西側)では結構有名なおかしだそうですが、カステラ地に餡が入っていて食べやすく上品なお手頃お菓子でした。
あとでHPをみたら、創業者が、東京で初めて食べた「酢だこ」に感激し、これより美味しいものにしようと命名したとか・・・・。ちょっと、なんともいえないスライス感もまた面白かったです。
author:南田操, category:-, 22:16
comments(0), -
イリアムや、ああイリアムや イリアムや
ダン・シモンズ「イリアム」いってみました。
やっぱり熱い!そして厚い! これで前編ですからね。
ただ、「ハイペリオン」の「すさまじきもの」はさすがに無く、読み始めて大いに盛り上がってきた神々の物語への期待は、きっと後編「オリンポス」なのだろうなと、その暴走を自制しました。
やはり、「ハイペリオン」のストレートなまでのパッション(熱情)より、物語世界の見事さに目が行ってしまう分、SFを超えた文学としての凄さは欠ける感が拭えないからです。
といっても、十分以上の読み応えです。ギリシア神話好きの方には特にお薦め。そういえばこれに近いテーストを探すと、結構、萩尾望都版「百億の昼と千億の夜」かもしれませんね。

P.S. その連想で、この前近藤さんから薦められた「カラクリ・オデット」(花ゆめ)は、久々のSFしてる少女マンガでした。なかなかヨイですよ。
author:南田操, category:映画/本/漫画語り, 11:47
comments(0), -
鳥人間コンテスト
つに今年で30回目を迎えたという日本テレビの「鳥人間コンテスト」。
琵琶湖水上10メートルの滑空台からの飛距離を競う番組で、当初はグライダー型主流だったのが、最近では人力で30キロ近い飛距離を出してしまう水準まで進化していました。
この番組、なぜか「夏の風物詩」として我々の遺伝子に刻み込まれているのです。
それは学生当時いろいろ話題を提供してくれた仲間の1人である、HG君の武勇伝?があったためなのです。彼はT海大学の航空工学専攻だったのですが、IVA.に出入りすると共に、所属していた大学のクラブで「鳥人間」に出場するというのでした。当時我々は、千葉鎌取でアニメコミックスの仕事のための合宿中。もちろん仕事自体は、プロの仕事のレベルを手探りで作り上げていかなければならず相当ハードでしたが、仲間うちのバカ騒ぎやおきまりの合宿モードなど、それ自体が壮大な「遊び」みたいなもので、それはもう面白かったの一言です。
そんな夏のある日に、彼曰く風洞実験までやってカイハツした機体で、「鳥人間」にエントリーをするというのを聞いたのです。皆で期待半分ひやかし半分で見たところ・・・。見事に湖面に直滑降!
爆笑はもちろんでしたが、そのうらに、我々のモットーである「らしく、明るく、面白く」の精神はしっかり共感でき、大いに楽しませてもらったワケです。なにせ、とりあえず風洞実験ですから・・・。その「らしさ」がヨイのです。それにその製作過程のお祭り騒ぎも容易に想像できますしね! たのしそうだよねぇ〜〜!
我々IVA.も、自主アニメを作ろうとしたのですが、当時常識的には8ミリアニメあたりからというものでしたが、何を考えたか、映画用の35ミリフィルムの撮影機材をまず押さえるというとんでもない行動にでるのですから。もともとアテレコごっこを活動主体と考えていたので、どちらかといえばその実態は、演劇系企画集団だったのかも。アニメ製作の片手間に超それラシイ「実写予告編」を作ってしまい、身内には、そっちの方が絶対面白いといわれる始末でしたし。

当時の僕たちのキーワードだった「らしい」の遊び心。これはなかなか素晴らしいものだったと思います。カタチから入るIVA.とも言われてましたが、カタチから入り、いつのまにかホンモノに、というのが僕らの美学だったような気がします。「鳥人間コンテスト」の進化にも同じことが言えるかもしれません。今回の番組冒頭にもゲストが「アスリートとして出場者に共感します」と言ってましたが、30年近い昔は、100メートル滑空が大記録で、スポーツというより見事にアドベンチャーでしたし、それゆえに今では信じられないでしょうが「笑える」番組であったのも事実ですから。
author:南田操, category:昔語り(らしく、明るく、面白く!), 22:40
comments(0), -
夏の大泉2006
8月27日(日)午後1時より8時半、いつもの会場で。

出席者(出席順)
桃原・土屋・松原・ミナミ(松原の友人、初参加)・
ホイネ夫妻・ハイネ・すーちゃん
以上8名で、まったりと過ごしました。

どのくらいまったりかというと、
最初の2時間半は桃原ひとり。
以後、三々五々と増えていき、
全員そろったのは、5時15分くらい。

例によって、だべったり、
コミケ収穫物などを皆で堪能したりしました。
松原君は途中でワンフェス収穫物を家(近所)まで
取りにいってくれました。

じゃんけん勝者は、ホイネ(チョキ)
チャンピオンベルトは、ホイネ家へ。(たぶん)二度目。

なお、前年チャンピオンの橋本さんは今回不参加で、
ベルトは返送していただきました。



author:桃原, category:富澤南桃堂イベント, 07:48
comments(5), -